<2021/05/20> rakumo ワークフロー:クラウドサイン連携機能をリリース

<2021/05/20> rakumo ワークフロー:クラウドサイン連携機能をリリース

いつも rakumo をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

5月20日(木)に実施予定の rakumo のアップデート内容に追加がありますのでお知らせいたします。
アップデート情報は下記の通りです。

リリース日時

・2021年 5月 20日(木) 12時33分

内容詳細

rakumo ワークフロー

クラウドサイン連携機能をリリース

rakumo ワークフローと、弁護士ドットコム株式会社の電子契約サービス「クラウドサイン」を連携する機能をリリースしました。
連携機能を設定すると、rakumo ワークフローからクラウドサインを利用した契約書等の書類送信が可能になります。
これにより、社内のワークフローでの承認後、契約書や内容をクラウドサインに転記する作業が不要になります。

申請〜契約締結、社内周知までの流れと連携イメージ図:

  1. rakumo ワークフローで申請を行います。
  2. 社内承認ステップの最終決裁者が申請を承認します。
  3. 2のタイミングで、クラウドサイン連携アクションにより、電子契約書の送信を実行します。
  4. 相手先に電子契約書の同意依頼のメールが送信されます。
  5. 相手先がクラウドサインのページで契約内容を確認し、同意します。
  6. 自社の契約業務担当者と相手先に契約の合意締結がメールで通知されます。
  7. クラウドサインで合意締結が終わったら、作業ステップで「完了する」をクリックします。
  8. 社内周知用のステップで、社内に周知を行います。

クラウドサイン連携機能のご利用に必要なもの:

  • [必須] rakumo ワークフローのライセンス
  • [必須] クラウドサインの利用契約 (スタンダードプラン以上)
  • [必須] クラウドサインの WebAPI クライアント ID
  • [推奨] クラウドサインのサンドボックス環境

クラウドサインのスタンダードプラン以上をご契約されているお客様であれば、追加費用なしでご利用いただけます。
設定の流れや機能の詳細は、『rakumo ワークフロー管理者マニュアル』をご参照ください。

▶️ プレスリリースはこちらをご参照ください。