申請書ひな型を作成する

このページでは、rakumo ワークフローを使い始めるために必要な設定の手順をご紹介します。

4.申請書ひな型を作成する

続いて、申請書ひな型を作成します。申請書ひな型とは、今まで手書きで記入していた稟議書などの各種申請書のことです。
ワークフロー管理画面の「申請書ひな型の管理」をクリックします。
申請区分をクリックし、「ひな型を新規作成して追加」ボタンをクリックします。
※初期状態では、ひな型はどの申請区分にも入っていない状態になります。
ひな型を作成する方法は2つあります。1つ目はゼロから新規で作成する方法。2つ目はテンプレートを活用して作成する方法です。それぞれ説明します。

ひな型を新規で作成する場合

「ひな型を新規作成して追加」ボタンをクリックします。
下記項目を上から順に入力します。
申請書ひな型の名前
コード
説明文(利用ユーザー向けヘルプテキスト)
管理者用メモ(管理運用者用メモ)
申請書番号形式
入力完了後に、右下の「申請書ひな型を追加する」ボタンをクリックします。
「申請書ひな型を作成しました」と表示されます。
ここからは申請項目の作成作業です。まず「項目を追加する」ボタンをクリックします。
必要な項目を追加してください。
※項目のデータ型には下記があります。
※各項目の記述につきましては、ワークフロー管理マニュアルをご参照の上、入力してください。
※P.28の「申請書のひな型の項目を登録する」が該当箇所となります。
※ページ数は変更されている場合がございます。その場合は目次にて「申請書のひな型の項目を登録する」を検索してください。

ひな型をテンプレートから登録する場合

「テンプレートをインポートして追加」ボタンをクリックします。
「ファイルを選択」をクリックして、ダウンロードしたテンプレートを選択し、右下のインポートボタンをクリックします。
※テンプレートは、弊社がご用意したものがございます。こちらからダウンロードできます。
※また、貴社のものをエクスポートして利用することもできます。
「申請書ひな型のインポートを完了しました」と表示されます。
「プレビュー」をクリックして、作成した項目が想定通りに反映されているか確認しましょう。