アクセス権限の設定を行う

このページでは、rakumo カレンダーを使い始めるために必要な設定の手順をご紹介します。

5.アクセス権限の設定を行う

rakumo カレンダーでは、ユーザーや設備にアクセス権限を設定することができます。
※アクセス権限の設定とは、例えばユーザーAのカレンダーを、ユーザーA以外のユーザーが予定閲覧・予定変更ができる設定のことです。
※アクセスされる側のユーザーの設定を変更することで、誰に対して予定閲覧・予定変更させるかの権限設定を行います。
※アクセス権限は以下の4パターンです(数字が大きくなるほど権限が強くなります)。
「予定の時間枠のみを表示(詳細を非表示)」
予定の空き時間のみ確認をすることができます(予定の詳細を確認することはできません)。
「閲覧権限(全ての予定の詳細)」
予定の詳細画面を確認することができます。
「予定の変更権限」
予定の詳細画面を確認することができます。
予定の変更(削除も含む)を行うことができます。
「変更及び共有の管理権限」
予定の詳細画面を確認することができます。
予定の変更(削除も含む)を行うことができます。
アクセス権限の変更を行うことができます。
各権限によってできることの画面はカレンダー管理者用マニュアルをご参照ください。
※P.39 の「アクセス権限を設定する」が該当箇所となります。
※ページ数は変更されている場合がございます。その場合は目次にて「アクセス権限を設定する」を検索してください。
rakumo 管理画面の「カレンダー設定」を表示します。
「管理機能一覧」にある「カレンダー共有設定」をクリックします。
設定したいユーザー名(アクセスされる側のユーザー)をクリックします。
※G Suite 同期を行ったユーザーが一覧で表示されています。
クリックしたユーザーの「カレンダー共有設定」画面が表示されます。
※デフォルトでのアクセス権限設定は、G Suite 同期を行う直前の Google カレンダー側での設定となっています。
※Google カレンダー側で特にアクセス権限の設定を変更していない場合は、以下の設定になっています。
・「ドメイン全体」は、クリックしたユーザーのカレンダーに対して、「閲覧権限(全ての予定の詳細)」の設定
・「クリックしたユーザー」は、自分自身のカレンダーに対して「変更及び共有の管理権限」の設定
管理画面上に表示されていませんが、G Suite の特権管理者は、全てのユーザーのカレンダーに対して「変更及び共有の管理権限」の設定となっています。
「権限を変更する」のプルダウンから選択肢を選び、「更新」をクリックし、アクセス権限を変更します。
グループ内の全ユーザーに対してアクセス権限を付与する場合は、「グループID」に Google グループのメールアドレスを入力し、「権限」のプルダウンから選択肢を選び、「追加」をクリックします。
特定のユーザーに対してアクセス権限を付与する場合は、「ユーザーID」に Google ユーザーのメールアドレスを入力し、「権限」のプルダウンから選択肢を選び、「追加」をクリックします。