スタッフへ休暇を付与する

このページでは、rakumo キンタイを使い始めるために必要な設定の手順をご紹介します。

10.スタッフへ休暇を付与する

最後にスタッフへ休暇を付与しましょう。 説明の例として、ひとつずつ休暇を付与する方法で設定します。
画面左の「休暇の付与と取得状況」をクリックします。
開いたメニュー内の「休暇の付与」をクリックします。
左上に表示されている「+休暇を付与」をクリックします。
「休暇の付与」を上から入力していきます。
「種別の名称」をプルダウンから選択します。設定したい種別を選び、クリックします。
※「事前付与する」種別のみプルダウンに表示されます。
「付与日」を設定します。日付を手入力するか、またはカレンダーより選択します。
※設定した付与日から休暇を取得することができます。
期限は付与日を設定すると、付与日から2年後に自動設定されます。期限を変更する場合には、付与日同様、日付を手入力するか、またはカレンダーより選択します。
休暇を付与したい日数を入力します。
※0.5日単位で入力が可能です
付与対象を検索します。付与対象を検索する方法は2つあります。1つ目は名前・メールアドレスで検索する方法。2つ目は勤務形態と入社日を指定して検索する方法です。それぞれ説明します。

名前・メールアドレスで検索する場合

名前、またはメールアドレスを入力します。
※名前
※メールアドレス
「検索して表示」をクリックします。
※すでに付与しているユーザーを検索結果から除外する場合には「付与済みを表示しない」にチェック入れます
検索の結果、該当のユーザーが表示されます。
氏名の左にある□をクリックします。
「付与する」が緑色になるので、クリックします。
※付与ユーザーにメールで通知を行う場合には、下部の「付与を通知する」横のチェックボックスをクリックします。

勤務形態と入社日を指定して検索する場合

条件を指定して検索の枠をクリックします。
クリックすると、条件項目を選択できるようになります。
「勤務形態」を選択して、プルダウンをクリックします。
選択したい勤務形態をクリックします。
勤務形態の選択が完了です。
「入社日」で検索範囲とする日付をカレンダーから選び、入力します
「検索して表示」をクリックします。
※すでに付与しているユーザーを検索結果から除外する場合には「付与済みを表示しない」にチェックを入れます
検索の結果、該当のユーザーが表示されます。
氏名の左にある□(チェックボックス)をクリックします。
「付与する」が緑色になるので、クリックします。
※付与ユーザーにメールで通知を行う場合には、下部の「付与を通知する」横のチェックボックスをクリックします。
※上記手順のほか、CSVファイルを使用して一括付与することもできます。
※詳しくは、キンタイ管理マニュアルをご参照の上、設定してください。
※P.46の「年次有給休暇を CSV ファイルで一括付与する」が該当箇所となります。
※ページ数は変更されている場合がございます。その場合は目次にて「年次有給休暇を CSV ファイルで一括付与する」を検索してください。