マルチドメインでワークフローの契約を行った場合、ユーザー画面や管理画面はどのような状態になりますか?

マルチドメインでワークフローの契約を行った場合、ユーザー画面や管理画面はどのような状態になりますか?

G Suite のマルチドメイン環境で、rakumoワークフローをご利用の場合の仕様をご案内いたします。

【rakumo管理画面】

URL:https://a-rakumo.appspot.com/admin

アクセス可能ユーザー:

  • G Suite プライマリドメインの特権管理者
  • rakumo管理画面「役割の設定」で 「rakumo管理者」として指定されたユーザー

rakumo 全体に対する主な設定

  • G Suite 内のユーザーやグループを rakumo に同期させる機能(※)
  • ユーザーやグループの表示、非表示設定
    ※「rakumo管理者」として指定されたユーザー様からはご利用いただけません。

ワークフローに対する主な設定

  • ワークフロー運用管理画面にアクセスできるユーザーの設定
  • 申請経路で使用する役職・担当のグループの登録

【rakumoワークフロー運用管理画面】

URL:https://a-rakumo.appspot.com/workflow/admin

アクセス可能ユーザー:「rakumo管理者」、「ワークフロー管理者」もしくは、区分の「運用担当者」に設定されたユーザーのみ
(プライマリドメイン、マルチドメインのユーザーともにアクセスが可能)

ワークフローに対する主な設定

  • ワークフローの一般設定
  • 申請書ひな型の作成
  • 申請経路の作成
  • 申請データの抽出
  • 代理人の登録

※プライマリドメイン、マルチドメイン関係なく同じ環境のワークフロー運用管理画面を使用します。

【ワークフロー画面】

rakumoworkflow-users

URL:https://a-rakumo.appspot.com/workflow

プライマリドメイン、マルチドメインのユーザー関係なく、同じ申請書を使用して申請や承認を行うことが可能です。(設定により制限も可能)

  • 例: ユーザー A (ドメイン: @aaa.jp)が交通費申請を行う

    ユーザー B (ドメイン: @bbb.com)がその交通費申請を承認

    ※申請者、承認者のドメインの区別なく、運用が可能です。