関連申請の設定方法・実際の利用方法を教えてください。

関連申請の設定方法・実際の利用方法を教えてください。

関連申請の設定方法、ユーザー画面での利用方法についてご案内いたします。

設定方法

  1. rakumoワークフロー管理画面 > 申請書ひな型の管理 > 申請区分を選択 > 申請書ひな型一覧から申請書ひな型の[名称]をクリックし、「引き継ぎ先」の申請書ひな型の詳細画面を開きます。
  2. 申請書を関連づけするの「引き継ぎ元の申請書ひな型を設定する」をクリックします。
  3. 引き継ぎ元とするひな型を設定して下さい のダイアログで、ひな型を選択して「確定する」をクリックします。
  4. 申請書ひな型が関連づけされました。
  5. 続いて、申請書ひな型の項目間の関連づけを設定します。
    「引き継ぎ先」の申請書ひな型の詳細画面から、情報を受け取る項目の[項目名]をクリックします。
  6. 最初に入力されている値で、「関連申請項目」、引き継ぎ元申請書の項目を選択して、「設定を保存する」をクリックします。
  7. 他の項目も関連させたい場合は、他の項目に対して 5 〜6 の手順を行います。

ユーザー画面での利用方法

<関連申請を行う>

  1. 「仮払申請書」が承認された後に『精算申請書』の関連申請を行う場合は、「仮払申請書」から” 関連申請 ”をクリックします。
    関連申請をクリック
  2. 関連申請書を選択します。
    関連申請書を選択
  3. 『精算申請書』を作成して、申請を行います。
    『精算申請書』を作成

<関連申請を確認する>

  1. 『精算申請書』の承認者は、” 関連申請(1) ”から関連申請書を開きます。
    関連申請を確認
  2. ”この申請書の関連先”で関連申請書が表示されますので、指定してクリックします。
    この申請書の関連先
  3. 元の申請書「仮払申請書」が表示されるので、申請内容を確認することができます。
    元の申請書