申請経路上の承認者から申請を行う際に自身の承認処理箇所を削除させる運用を行いたい場合、設定はどのように行えばいいですか?

申請経路上の承認者から申請を行う際に自身の承認処理箇所を削除させる運用を行いたい場合、設定はどのように行えばいいですか?

【申請者→上長A→上長B→社長】 という申請経路で申請を行う申請書Aを使用して上長Bが申請を行う際に「自分の申請を承認する必要はない」と判断して自身の承認を削除して、【申請者(上長B)→上長A→社長】 の申請経路で申請を行えるようにする設定につきましては、下記の3通りの方法がございます。
貴社の状況に応じて、いずれかの方法での運用をご検討ください。

【方法1】申請書にプルダウン項目を設け、選択肢に応じて経路を変更させる 

【管理者側の設定】
  1. rakumoワークフロー管理画面 > 申請書ひな型の管理 > 該当申請書ひな型に 「経路に関する選択項目」のようなプルダウン項目Aを作成
    Pathway branch1
  2. 申請書ひな型の詳細画面下部、「申請経路の分岐を設定する」 > 分岐設定を追加する をクリック
    Pathway branch3
  3. 分岐名 と分岐条件を指定し、表示されている経路の 上長B ステップのチェックを外して、保存する をクリック
    ※分岐条件には 1 で作成した項目名/「=」/項目内の選択肢文言を入力します。
    Pathway branch2
【申請時の申請者の作業】
  1. 申請書の入力時、プルダウン項目Aで「③上長Bが申請を行うため、上長Bステップをスキップ」を入力し、確認するボタンを押す
    Pathway branch4
  2. 設定した分岐条件が反映され、自動的に【上長A→社長】 という申請経路が表示されます
    Pathway branch5

【方法2】申請書および申請経路を分ける

【管理者側の設定】
  • 一般の方が申請を行う際の申請書ひな型には【申請者→上長A→上長B→社長】 という申請経路を設定
  • 上長Bが申請する際に使用する申請書ひな型には【申請者→上長A→社長】 という申請経路を設定
【申請時の申請者の作業】

申請書入力時に自身が入力する申請書ひな型を選択して、申請書の入力を行ってください。

【方法3】申請経路のステップのスキップを許可する

【管理者側の設定】

申請経路のステップのスキップを許可する設定方法については、経路ステップのスキップを許可する方法を教えてください。をご参照ください。

【申請時の申請者の作業】

申請書入力内容の確認画面で「経路を変更」をクリックした後表示される、「このステップをスキップする」をクリックして申請を行ってください。
詳細については、承認者・確認者の変更を許可している場合に、ユーザーが承認者・確認者を変更する方法教えてください。をご参照ください。