申請経路の分岐設定が想定通りに動きません。

申請経路の分岐設定が想定通りに動きません。

いずれの分岐設定にも一致しなかった

申請書の入力内容が分岐設定に一致しない内容の場合、申請経路に設定された全てのステップが表示されます。
申請書の入力内容と分岐設定の内容が一致する内容となっているかどうかご確認ください。

  • 申請書の「申請部署」項目で選択された部署グループ
  • 申請書に「申請部署」項目が存在しない場合は、申請者の「優先組織」に設定されているグループ

申請時の申請部署が適切に選択されていない場合、申請ユーザーの経路として想定していない申請経路が表示されることがあります。
当該申請書の「申請部署」項目に適切な部署名が選択されているかどうかご確認いただき、適切な申請部署を選択して申請した際、事象が解消するかご確認ください。

もし、当該申請書に「申請部署」項目が存在しない場合は、申請者の「優先組織」に適切なグループが設定されているかご確認ください。
確認は、rakumo 管理画面 > ユーザー管理 から、各ユーザーの詳細画面へアクセスして行います。
ユーザー管理画面 URL:https://a-rakumo.appspot.com/admin/users

「優先組織」に適切なグループが設定されていない場合、設定変更を行い、事象が解消するかご確認ください。
「優先組織」の変更方法については、以下サポートページをご覧ください。
▶︎ ユーザーの優先組織が正確に設定されていません。設定方法を教えてください。

複数の分岐設定を設定し、他の分岐設定が優先されている

複数の分岐設定を設定したとき、優先順位が高い(分岐設定画面での表示位置が上)の分岐設定から、分岐の判定を行います。
分岐設定画面での表示順を確認し、より限定的な条件による分岐設定が上に表示されるように優先順位の変更を行っていただくことで事象が解消されるかどうかご確認ください。

例:「10万円未満」の場合の分岐設定を、「100万円未満」の場合の分岐設定より上に表示されるように優先順位を変更する

分岐設定の分岐条件式の設定が適切ではない

分岐設定の分岐条件式の入力時に、適切な入力を行なっていないため、意図した分岐条件となっていない可能性があります。
分岐設定の分岐条件式の設定内容をご確認ください。

たとえば、分岐設定の分岐条件式のテキストボックスで、以下のような入力を行なった際には、意図した分岐条件となりません。

(例1)複数の値の区切りを「、」(読点)で入力した
区切り文字の「,」(カンマ)が入力されていないため、入力した内容全文が 1つの値として条件が設定されます。
→値の区切りを「,」(カンマ)で入力してください。

(例2)「,」(カンマ)を含む1つの値を条件式に設定した(例:1,0000 など)
区切り文字の「,」(カンマ)が入力されているため、「1」「0000」の2つの値として条件が設定されます。
→ 申請書項目の選択肢 ならびに 分岐条件式に「,」(カンマ)を含まない値を入力してください。

承認者または、確認者が、分岐条件式に一致する入力を行なった

分岐設定は、申請者が申請(新規申請 または 再申請)を行うタイミングでのみ適用されます。
承認者が申請書の内容を編集し、分岐条件式に一致する入力を行なった場合は、分岐設定は適用されません。