社外のユーザーから登録された予定が表示されています。原因を教えてください。

社外のユーザーから登録された予定が表示されています。原因を教えてください。

Google カレンダー上から、他社のユーザーがドメイン内のユーザーを予定に招待したことが考えられます。

rakumo カレンダーで表示している予定データは Google カレンダーの予定データのため、
社外ユーザーから招待された予定が Google カレンダー上に存在する場合は、rakumo カレンダー上にもその予定が表示されます。

各カレンダーの仕組みについて

rakumo カレンダーの仕組み

rakumo カレンダーは、同一の Google 管理コンソールで管理されているドメイン(マルチドメインを含む)内でのみ利用できる仕様としております。
そのため、rakumo カレンダー上から社外のユーザーの予定を確認することはできず、予定の登録時にも、社外のユーザーを予定に招待することはできません。

rakumo カレンダー上に社外のユーザーがアクセスして登録する、といった状況はないので、ご安心ください。

Google カレンダーの仕組み

Google カレンダー上では、社内外の制約はなく、予定の登録時にメールアドレスを指定することで、社外のユーザーを予定参加者(ゲスト)に含めることができます。

社外ユーザーへの共有状況を確認し制御するには?

ドメイン内のユーザーが、社外ユーザーに対して権限を付与しているかどうかを一覧できる機能は、Google カレンダー、 rakumo カレンダーともにご用意がありません。

現状では、以下のいずれかの方法でご対応ください。

A. rakumo 管理画面 上からカレンダーの権限付与状況をご確認いただき、個別に削除していただく

rakumo 管理画面 > カレンダー設定 > カレンダー共有設定 にて、ユーザーカレンダーごとに、カレンダーへのアクセス権限を持つユーザーを確認できます。
Google カレンダーから共有設定の内容を取得しているため、もし社外のユーザーにアクセス権限を付与している場合には、「[ユーザー名]へのアクセス権限」セクション内に表示されます。
また、社外ユーザーが持つ権限が不要な場合には、管理者が権限の削除を行うことも可能です。

アクセス権限の設定方法詳細は、以下のヘルプページをご確認ください。
▶️ アクセス権限の設定方法を教えてください。

B. Google 管理コンソール上で、カレンダー共有の最大範囲を制御する

Google 管理コンソールから、ドメイン内の Google カレンダーを社外のユーザーへ共有する場合の最大範囲を管理者が制御できます。

例:ユーザーに許可する共有の最高レベルを [空き時間情報のみ(予定の詳細は非表示)] に設定した場合

社内ユーザーが社外のユーザーへカレンダーを共有する際、 [空き時間情報のみ(予定の詳細は非表示)] の権限しか選択することができません。
これにより、社外ユーザーから、空き時間の確認・予定への招待はできるが、予定の詳細を閲覧できないように制御することができます。

設定は、Google 管理コンソール上の アプリ > Google Workspace >カレンダー > [メイン カレンダーの外部共有オプション] で行います。

詳細につきましては、Google のヘルプページをご確認ください。
▶️ カレンダーの共有オプションの設定 - Google Workspace 管理者 ヘルプ