通知の仕組みが知りたい

通知の仕組みが知りたい

rakumo ボードでは、ポストについて、2種類のメール通知が行われます。
それぞれの通知について、通知タイミングと通知先をご案内します。

A. ポスト通知

ポストが投稿されたこと、またはポストが編集されたことをメールで通知することができます。
ポストの投稿者は、ポストの投稿時または編集時に、通知有無と、通知範囲を選択・指定することができます。

通知タイミング

  • ポストの公開が行われたとき
  • ポストの更新(編集)が行われたとき

通知の設定方法

  1. ポストの投稿・編集画面で、「メール通知」欄の「通知を設定する」にチェックを入れ、通知範囲(※1)を選択します。
  2. 「この内容でポストする」をクリックします。
  3. ポストの更新を行う場合は、更新を通知するかどうかを選択できます。

※1 各ボードの編集画面で、管理者が通知先の初期値を設定することができますが、投稿者は初期値を任意の値に変更できます。

通知先(対象者)

通知対象者は、通知の設定時に選択・指定された内容によって異なります。

a. 「閲覧可能なユーザー全員に通知する」を選択した場合

次の 3 点をすべて満たすユーザーのメールアドレスに対してのみ、通知が行われます。(※2)

  • ボードのライセンスを割り当てられている
  • ポスト投稿先のボードを閲覧できる権限を持っているユーザー
  • ユーザーの表示状態が[表示中]となっている

※2 例えば、ライセンスあり、閲覧権限ありでも、ユーザーの表示状態が[非表示]の場合には、ポスト通知は行われません。

b.「指定したメールアドレスに通知する」を選択した場合
  • 指定した、組織内のユーザーアドレス または グループアドレス(※3,※4,※5,※6)

※3 「閲覧可能なユーザー全員に通知する」とは異なり、ライセンスの有無やアクセス権限の有無、ユーザーの表示状態には左右されません。
※4 ボードライセンスを持っていない人や、投稿先ボードへのアクセス権限がない人のアドレスを指定した場合も、通知が送信されます。
※5 ドメインの異なるアドレス(組織外のアドレス)を指定して送信することはできません。ただし、指定した組織内グループアドレスのメンバーに組織外のユーザーを含む場合、外部ユーザーにも通知が送信されてしまいますので、ご注意ください。
※6「通知するユーザーを選択する」の選択リストには、「ボードのライセンスを割り当てられている」かつ、「ユーザーの表示状態が[表示中]となっている」ユーザーが表示されます。投稿先のボードへのアクセス権限を持っていないユーザーも選択リストに表示されるため、ご注意ください。

B. アクション通知

ユーザーがポストにコメントやグッジョブ!を行なったことをメールで通知します。
アクション通知は、通知先の条件を満たしたユーザーに対して、rakumo ボードから自動的に送信されます。

通知タイミング

  • ポストへグッジョブ!が行われたとき
  • ポストへコメントが行われたとき

通知先(対象者)

  • コメントまたはグッジョブ!を受けたポストの投稿者(※7)
  • コメントまたはグッジョブ!を受けたポストに対して、過去にコメントやグッジョブ!を行なったことがあるユーザー(※8)

※7 自分が行なったアクションについてのメール通知は行われません。
※8 グッジョブ!を取り消した場合、グッジョブ!を行なっていない状態に戻るため、アクション通知は届かなくなります。

アクション通知を停止したい場合は?

アクションを取り消さずに、アクション通知のみ停止したい場合は、各ユーザーの Gmail の受信メールのフィルタリング機能のご利用をご検討ください。
フィルタ作成時の検索条件には、「含む」に「ポストにグッジョブ!しました OR ポストにコメントしました」をご指定いただくと便利です。

フィルタリング機能の詳細は、以下のページをご参照ください。
メールのフィルタルールの作成 - Gmail ヘルプ